塩竈市記者会見 概要

本日午前に行われました、塩竈市の記者会見の概要です。

小中学校 休校延長

小中学校の臨時休校を5月31日まで延長することが決定。

公共施設 休館延長

塩竈市内の公共施設は、基本的に5月31日まで臨時休館。

妊産婦へのタクシー助成券の交付

市内に住民票を有する妊産婦1名につき、宮城県タクシー協会塩釜支部のタクシーが利用できる券500円券× 20枚綴を配布予定。
[問] 塩竈市健康福祉部 健康推進課 母子保健係 022-364-4786

■特別定額給付金
住民基本台帳に記載されている市民一人につき10万円を給付。
5月中旬に申請書を郵送し確認のうえ申請を。
[問] 塩竈市総務課 総務係 022-355-5007

■子育て世代への臨時特別給付金
0歳から中学生のいる世帯(新高校1年生となった場合も対象。児童手当が特別給付の方は対象外。)に、児童1人当たり1万円を6月中に児童手当を受給している口座へ振り込み。
申請不要。

■感染拡大防止協力金
新型コロナウィルス感染拡大防止のため県が対象業種を指定し、県の要請や協力依頼に応じて令和2年4月25日から5月6日までの間、施設を全面的に休業する事業者または営業時間の短縮を行う飲食サービス業を含む事業者を対象に30万円を支給。詳細が決まり次第、市ホームページなどで告知。
[問] 塩竈市商工港湾課商工係022-364-1124

■持続給付金
国から、法人上限200万円、個人事業者上限100万円を給付。
[問] 中小企業金融・給付金相談窓口0570-783-183

■DV被害者の相談窓口 DV相談+(プラス)
電話相談 0120-27-9889
SNS・メール・WEBでも相談可。
対応言語:英語、中国語、韓国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語(予定)。
[問] 塩竈市子育て支援課 022-357-7797

■中小企業・個人事業者の相談窓口
新型コロナウィルス感染症の影響を受けている中小企業、個人事業者を対象としたセーフティーネット保証、危機関連保証の認定等。
[問] 塩竈市商工港湾課 商工係 022-364-1124

■水道基本料金の減額
水道基本料金の30%ほどの減額を検討中。当面6月の検針分から3カ月間の実施を予定。
[問] 塩竈市水道局 業務課 022-364-1415

■GW中の問い合わせ
感染拡大防止協力金と中小企業・個人事業者の相談窓口については、塩竈市商工港湾課 022-364-1124
特別定額給付金、子育て世代への臨時特別給付金、DV被害者の相談窓口については、塩竈市役所 代表 022-364-1111

■塩竈みなと祭中止
7月23日(木・海の日)に開催予定であった第73回塩竈みなと祭は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため中止となりました。塩竈みなと祭の全ての行事が中止となるのは昭和23年に始まって以来初めてのこととなります。

フォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です