新型コロナウィルス感染症に伴う市内事業者への影響に関する調査

市内の商工業水産水産加工流通関係の経済活動について、アンケート調査が行われました。

対象

市内の事業者276社(174社から回答あり)

調査結果

事業に対して「大きな影響がある」と回答したのは71社、「多少影響がある」と答えたのは70社で、全体の80.1%を占めました。

大きな影響がある 71社
多少影響がある 70社
影響がない 21社
わからない 12社

さらに長期化した場合については、「大きな影響がある」と答えるのは131社、「多少影響がある」と答えたのは29社で約92%に上りました。

大きな影響がある 131社
多少影響がある 29社
影響がない 5社
わからない 9社

具体的な影響としては、売り上げ受注の減少が161社、販売機会営業機会の減少が79社となっております。

売り上げ受注の減少 161社
販売機会営業機会の減少 79社
燃料等のコストの増 6社
海外拠点における業務の休止、経費増加 7社
その他(マスク等不足、事業従業員の確保等) 12社

塩竈市は、この調査結果も参考に今後の対策に取り組んで行きます。

フォローする

新型コロナウィルス感染症に伴う市内事業者への影響に関する調査” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です