Tag Archive 防災

総務教育常任委員会

塩竈市議会定例会は、本日から3日間委員会審議に入ります。

本定例会に挙げられた議案を、3つの専門委員会に振り分けて審議していきます。

 

今日は施設整備や教育関連事業などを担当する総務教育常任委員会でした。

雨水排水設備の工事やコミュニティ助成金、住民情報システムの更新、学校の部活動備品更新など、様々な議案がありましたが、その中でも学校現場における業務改善加速事業津波防災拠点施設の備品整備について委員(”議員”は委員会の際は”委員”になります)の質問が集中しました。

学校の先生の負担をどう軽減する?:学校現場における業務改善加速事業

学校の先生方が非常に多忙であることは、新聞やニュースを通してみなさんもご存知のことと思います。今回は、教職員の多忙化解消を目的とした調査・研究を塩竈市内の中学校を舞台に行います。

具体的には、

  1. 部活動の休養日の設定に寄る負担軽減(全中学校)
  2. 部活動指導職員(県からの派遣)の活用による負担軽減(玉川中学校)
  3. 部活動に係る業務改善意識(教職員の意識改革、連携・分担による業務効率化)啓発に寄る負担軽減(全中学校)

の3つに取り組もうというものです。

委員からは、「63万円という予算をどの様に使うのか?」「そもそもの超過勤務のチェック体制は?」「部活顧問と県から派遣される部活指導員の連携は?」「部活指導員の指導者としての資質は?」などの質問がされました。

 

学校の先生の仕事内容は、授業の準備から実施部活動の監督教育力向上のための研修個々の児童生徒や保護者の方々への対応など様々ありますが、授業の準備や実施だけで勤務時間の殆どを費やしており、研修が新しい授業方法の勉強などは持ち帰りで行っているのが現状です。

今回は部活指導の効率化と外部コーチの導入によって、どこまで教職員の負担軽減が図られるか注目していきます。

津波防災拠点施設の震災伝承・防災情報発信のためのコンテンツとは?:津波防災拠点施設備品等整備事業

現在、マリンゲート塩釜東側に建設中の津波防災拠点施設。

平時は市民が震災を語り継ぐ場備蓄倉庫、有事の際は、周辺住民や観光客などの一時避難場所浦戸復旧復興の際の拠点施設としての利用が計画されており、今回は備品等整備のための経費として5,490万円が計上されています。実際に設置する中身についてはこれから設計し、制作を外部に委託するそうです。

委員からは、「一時待機所としての機能は果たせるスペースや設備になっているのか?」「中身が決まっていないのになぜ予算が見積もられているのか?」「高すぎないか?」などの質問が出されました。

マリンゲート塩釜東側に建設中の津波防災拠点施設。災害発生時に備えての備蓄倉庫や帰宅困難となった浦戸の住民の一時滞在所となる。通常は研修施設や震災伝承館として利用する。

震災伝承コンテンツの制作に5000万円近い額は高いと感じます。

しかも内容はまだ未定。復興交付金申請のために、5月中に予算立てをしなければならなかったからとのことですが、どの様なものを作ると想定して見積もりをしたら5000万円になるのか。詳しく確認していきます。

また、立地についても疑問が残ります。マリンゲート塩釜の東側に建設していますが、この場所に震災伝承施設を作ってどの様に人を呼び込むのでしょう?伝承施設に来ることを目的としなければ、立ち寄る可能性はまず無い場所です。

立地自体については今から議論するものではありませんが、この場所へどの様に人を呼び込むかの観点からも、コンテンツの内容をしっかりと見ていく必要があります。

 

知っていますか?復興特区における固定資産税の課税免除について

塩竈市には復興特区が設置されており、平成30年3月31日までに対象施設等を新設または増設した事業者へ固定資産栄の課税免除を行っています。

対象地区は民間投資促進特区千賀の浦観光推進特区の2つです。

気になる方は、市役所へお問い合わせを。

 

明日は、民生常任委員会が開催されます!

Tags, , ,

塩竈市総合防災訓練

こんにちは!

土見です。

 

本日は塩竈市の総合防災訓練でした。

東日本大震災から6年以上が経ち、塩竈市では防潮堤や避難デッキ、防災拠点施設などの防災施設関連事業も完成が見えてきました。今後はこれらの施設を活用しつつ、災害による被害を最小限に抑えるために、備蓄や普段からの意識付けが大切になっていきます。

今回は事務所のある藤倉町内会に参加させていただきました。

まずは地震の揺れから身を守る

総合防災訓練は1978年6月12日に発生した宮城県沖地震を契機に行われるようになりました。宮城県沖地震では、小規模の津波も発生しましたが、地震の揺れによる家屋やブロック塀の倒壊などが特徴的な災害でした。

避難場所は塩竈第二小学校。夜間を想定しての訓練です。

東日本大震災以降、津波に対する対策が注目されがちですが、地震発生時にまず行わなければならないのは揺れによる落下物などから身を守る事。地震は津波と異なり、警報からわずか数秒〜数十秒の間に揺れが始まります。そのわずかな時間にドアを開けるなど避難経路を確保しつつ、落下物に備えて身を守らねばならず、日頃から動きを確認しておくことが大切です。

(揺れがおさまった後の火元確認など二次災害対策も大切です)

防災照明の付け方を実習

環境に併せて対策を見直す

東日本大震災を機に、家族の中での災害発生時の行動や連絡の取り方を決めたご家庭も多いと思いますが、既に震災から6年の年月が経ち、家族構成や職場などの変化があった方も多いのではないでしょうか。備蓄品と同様に災害対策にも鮮度があります。現在の状況に合わせて、災害発生時の対応を見直していきましょう。災害は何時発生するかわかりません。最低でも自宅と職場や学校にいる時の対応は確認したいところです。

帰りは山道を通ってみました。

防災に対する意識格差をどうするか

指定避難場所となった市内の小中学校には周辺地域の方々が避難してきますが、昨年よりもさらに防災訓練の参加者が減っているように感じました。特に、津波被害の無かった山手の方々の参加数が極端に少なく、意識の差を感じます。

しかし、地震に対する対策はどの地域においても必要ですし、災害は自宅にいるときにだけ発生するとは限りません。

「今、大地震が発生したらどうするか?」

そんなことを想像しながら対策をし、非常時には周りを助けられるほどの余裕を持って行動したいですね。

コミュニティセンターでのアルファ米と豚汁。美味しかったです。

Tags, ,

避難デッキ完成。ソフト面の強化を。

港町一町目・海岸通地区津波避難デッキ完成!
多くのご来賓の方々にお越しいただき、開通式が行われました。

この津波避難デッキは、地域の住民の方々や、塩竈の地理に不慣れな観光客の方々の、津波発生時の一時避難場所として使われます。

o0800045013627479678

多くのご来賓の方々に見守られ開通。

 

o0800045013627479822外観は塩竈石に併せた色に。
o0800045013627479924デッキからの景色もなかなかのものです。
o0800080013627480202
o0800080013627480386

イオンタウン塩釜の二階(エレベーターの横)に接続します。

 

o0540096013627480569

もちろん外からも入れます。

マリンゲート側、イオンタウン側共にエレベーターが近くにあるので、車椅子をご利用の方でも簡単に上ることができます。

平常時には、イオンタウン塩釜とマリンゲート塩釜を繋ぐ通路としても利用可能。
不便だったこの施設間の移動がかなり楽になりそうです。

今年度末には、マリンゲート塩釜駐車場に備蓄倉庫と避難スペースを兼ね備えた防災施設もでき、災害公営住宅も含め、ハード面での整備は大分進んできました。

次はソフト面の整備ですね!

Tags,