Category Archive 課題

塩釜市身体障害者福祉協会総会

快晴の週末、いかがお過ごしですか?

 

本日は絶好の運動会日和。

塩竈市内各所で運動会が開催されております。

 

そんな中、私は塩竈市身体障害者福祉協会の総会に塩竈市議会民生常任委員会委員長代理として参加させていただきました。

会の終盤、参加者の方から、心身障害者医療費助成制度の助成金の支給に数ヶ月の時間を要し、それまでの一時負担が経済的に厳しいことや、障がい者を受け入れる病院が少ないことなど、普段生活されている中で感じた事をお聞きする機会がありました。

議員という立場上、様々なイベントに顔を出すことは多いのですが、式典のみの参加が多く、主催者側だけでなく一般参加者の方のご意見を直接お聞きする機会は意外に少ないように感じています。

その環境に身を投じなければ見えてこないものはたくさんあります。

今後も、それぞれの方々がおかれている環境を認識し、生の声をじっくりお伺いできる機会を増やしていきたいと思っております。

Tags,

意見する場が1つできました:塩竈の未来のまちづくりを考える会開催。

こんばんは。

土見です。

先日、都市計画審議会に参加した際に「将来の担う若者の発言する機会が少ないのでは?」と発言しました。市役所でもその点について考えていらっしゃったようで、本日11月29日、市内の20代30代の若者を集めた第一回塩竈の未来のまちづくりを考える会(仮)が開催され、市内様々な団体から集った28名がそれぞれの立場からの問題提起や解決アイデアを出し合いました。

次世代を担う若者28名が参加

第一回塩竈の未来のまちづくりを考える会(仮)(以降「考える会」)には、市内で活動する団体や事業者、市役所に所属する20代30代の若者が参加しました。(私はオブザーバー参加です)

参加者リストを拝見すると、市内事業所の青年たちが多く所属する青年四団体を始め、市内で活動を行う文化系の団体や商店街の店主など、実に様々な方々が参加しています。私自身は、議員という立場もあってか多くの方と面識がありましたが、意外と初対面の方々が多くいらっしゃいました。特に商業関連の方と文化関連の方とは初対面の方々が多く、その方々が知り合うこと自体も一つ大きな成果だと思います。

会の流れ

本日の会の流れは以下のとおりです。

  1. 各自興味のある分野(商業、観光1、観光2、産業、子育て&定住)へグループ分け。
  2. グループ内自己紹介
  3. 本会議の主旨、都市マスタープランについての説明
  4. 各分野についての意見出しワークショップ
  5. 発表

出てきた主な意見

発表の中で各グループから出てきた意見のうち、私がメモできたものを列挙します。(詳細なまとめは、後日、市役所から出るそうです)

観光チーム1

塩竈に”あるもの”、”ないもの”、”創るもの”の観点から。

国内観光客向け

  • 駐車場がわからない
  • 国道からの誘導が不明瞭
  • 観光の導線が必要
  • ガイドアプリの充実(歴史アプリ、食アプリ)
  • 駅にレンタサイクル

海外観光客向け

  • 長期的に国内をまわる人も多く、2, 3時間で楽しめる観光プログラムの需要が高い
  • 良いプログラムがあれば、仙台や松島に来た観光客を呼び込める

観光チーム2

塩竈は近隣では松島に次ぐ観光客数(松島298万人、塩竈224万人)なのに、人が少ないと感じるのはなぜ?

  • 宿泊施設がない
  • 観光ルートがない
  • 古い建物が無くなるので、保護してほしい
  • 鹽竈神社裏坂下にお土産やさんが欲しい

定住・子育て

住みたいけど躊躇してしまう理由

  • 治安が良くない。改善されない
  • 学力が低い
  • 住宅用の空き家や空き地がない

その他

  • 子育て世代にとって、中心部に来るメリットが少ない
  • 若者・学生が集うような場所がない
  • 塩竈らしさとは、食!、(昔は)子供の居場所!、漁師の荒々しさ!
  • 塩竈らしい魅力をもっと発信!

産業チーム

  • 塩竈らしい産業とは”養殖・加工”
  • 海草養殖
  • 他地域に利益が分散されない産業を

商業チーム

神社に行くときどこに停めればいいかわからない

  • 一方通行の双方向化。(本町とか)
  • 歩道を造って宮町・本町間の行き来を促進
  • 道の駅を作ろう
  • 仲卸はプロ施設を市民に解放しているので、一般消費者向けサービスが十分ではない
  • マリンゲートはテナント型

その他:参加したくなる会にするには?

  • 言ったことが市政に反映されるように
  • 食事・ビール・呑みュニケーション
  • H7年の都市マスの振り返り。反省を。PDCAサイクルを回して
  • 話し合うテーマを一つに絞る
  • 議論は段階分けて一歩ずつ
  • SNSの活用
  • 各テーマに精通した人を誘う(団体所属でなくても良い人はたくさんいる)
  • 子育てママは日中かつ地べただと良し
  • 自発的な集まりを
  • 個々のまちづくりプレゼンをする会

さいごに

第一回塩竈の未来のまちづくりを考える会、手探りながらもそれぞれの立場から様々な意見が出た会議でした。

初めての開催の上、アイデア出しの目的が、どのようなものか理解しづらい”都市マスタープラン”への意見反映ということで参加者はみなさんは帰着点を模索しながら意見を出していたように感じました。意見の内容も、現状の把握・確認が主だったように感じています。

次回は、都市マスタープランについての理解も進み、参加される方々が各々の立ち位置をもっと明確に意識できるようになるよう、進行役の市役所の方も更に意識して取り組むとのことですので、今回出てきた改善点・要望に対して、市役所も含めた参加者それぞれがどの様に関わっていくかを議論できるより良い会になると思います!

こうした取組を通して、各世代の市政への参加がもっと進むことを願います。

 

塩竈の未来のまちづくりを考える会、次回は2月中旬の予定だそうです。

 

Tags, ,

政務活動費公開、塩竈市でも一歩前進ですかね

今日は、幹事長会議全員協議会でした。

2つ合わせて午後めいっぱい・・・(おぉ、長い・・・)

 

幹事長会議は、定例会や委員会に話を上げる前に、会派間での事前の情報共有や各会派で話し合って欲しいことの通達などを行う場ですが、本日は、国内各所でニュースにも取り上げられている”政務活動費”の情報公開についても話が出ました。

Tags, Read More

20年後の塩竈、誰が考える?

こんばんは!

土見です。

現在、塩竈市都市マスタープランの改訂作業が進行中です。

20年後の塩竈の姿、誰が考え都市計画を立てているのでしょうか?

今日は、そんなお話です。

Tags Read More

浦戸諸島巡り

浦戸諸島を巡ってきました。

この季節の浦戸は菜の花も見頃を過ぎたためか、観光客の姿もまばらです。

Tags Read More

塩竈に汚染土壌処理施設は要りますか?

ご協力ありがとうございます!
5月16日現在、10,582筆の署名が集まっております。
18日に、水産等関係団体の皆様と共に県に提出しにいきます。

塩竈市港町に重金属系を含む土壌の処理施設建設計画が持ち上がっており、県はそれに対する意見書を5月19日まで受け付けています。

宮城県公報第2745号1〜2ページ参照。

該当地区は牡蠣や海苔の養殖場である塩釜港に面しており、粉じん等の飛散による健康被害、水産・水産加工業への悪影響、観光地としてのイメージダウンが懸念されています。

この事態を重く見た市議会では、地元水産・水産加工業者の方々とともに、汚染土壌処理施設の進出反対と、荷役作業中止に向けた署名活動を行っております。

ご協力いただける方は、添付の署名簿にご指名・ご住所を記載の上、塩竈市議会事務局(〒985-0026 宮城県塩竈市旭町1-1)までお送りください。

よりよい地域を未来へつなぐため、ご協力をお願い致します!

 

【関連記事】
<汚染土壌施設>塩釜市議会、反対請願を採択
http://www.kahoku.co.jp/tohokune…/201603/20160305_11047.html

<汚染土壌処理施設>塩釜の団体など反対署名
http://www.kahoku.co.jp/tohokune…/201604/20160422_13059.html

塩釜市議会 汚染土壌施設に反対意見書可決 /宮城
http://mainichi.jp/articles/20160309/ddl/k04/010/098000c

このような施設の進出はどの地域でも嫌厭されがちであるものの、必ずどこかには設置しなければならないものです。また、企業誘致による増収や関連企業の進出など一定の経済効果も見込めます。

しかしながら、工業用地と食品加工工場のある地域との間の距離が短く、また食と観光を押していこうとしている塩竈にとってこの施設の進出によるダメージは大きく、反対すべきものと考えております。

みなさんはどう考えますか?

Tags,