塩竈市総合防災訓練

こんにちは!

土見です。

 

本日は塩竈市の総合防災訓練でした。

東日本大震災から6年以上が経ち、塩竈市では防潮堤や避難デッキ、防災拠点施設などの防災施設関連事業も完成が見えてきました。今後はこれらの施設を活用しつつ、災害による被害を最小限に抑えるために、備蓄や普段からの意識付けが大切になっていきます。

今回は事務所のある藤倉町内会に参加させていただきました。

まずは地震の揺れから身を守る

総合防災訓練は1978年6月12日に発生した宮城県沖地震を契機に行われるようになりました。宮城県沖地震では、小規模の津波も発生しましたが、地震の揺れによる家屋やブロック塀の倒壊などが特徴的な災害でした。

避難場所は塩竈第二小学校。夜間を想定しての訓練です。

東日本大震災以降、津波に対する対策が注目されがちですが、地震発生時にまず行わなければならないのは揺れによる落下物などから身を守る事。地震は津波と異なり、警報からわずか数秒〜数十秒の間に揺れが始まります。そのわずかな時間にドアを開けるなど避難経路を確保しつつ、落下物に備えて身を守らねばならず、日頃から動きを確認しておくことが大切です。

(揺れがおさまった後の火元確認など二次災害対策も大切です)

防災照明の付け方を実習

環境に併せて対策を見直す

東日本大震災を機に、家族の中での災害発生時の行動や連絡の取り方を決めたご家庭も多いと思いますが、既に震災から6年の年月が経ち、家族構成や職場などの変化があった方も多いのではないでしょうか。備蓄品と同様に災害対策にも鮮度があります。現在の状況に合わせて、災害発生時の対応を見直していきましょう。災害は何時発生するかわかりません。最低でも自宅と職場や学校にいる時の対応は確認したいところです。

帰りは山道を通ってみました。

防災に対する意識格差をどうするか

指定避難場所となった市内の小中学校には周辺地域の方々が避難してきますが、昨年よりもさらに防災訓練の参加者が減っているように感じました。特に、津波被害の無かった山手の方々の参加数が極端に少なく、意識の差を感じます。

しかし、地震に対する対策はどの地域においても必要ですし、災害は自宅にいるときにだけ発生するとは限りません。

「今、大地震が発生したらどうするか?」

そんなことを想像しながら対策をし、非常時には周りを助けられるほどの余裕を持って行動したいですね。

コミュニティセンターでのアルファ米と豚汁。美味しかったです。

塩釜市身体障害者福祉協会総会

快晴の週末、いかがお過ごしですか?

 

本日は絶好の運動会日和。

塩竈市内各所で運動会が開催されております。

 

そんな中、私は塩竈市身体障害者福祉協会の総会に塩竈市議会民生常任委員会委員長代理として参加させていただきました。

会の終盤、参加者の方から、心身障害者医療費助成制度の助成金の支給に数ヶ月の時間を要し、それまでの一時負担が経済的に厳しいことや、障がい者を受け入れる病院が少ないことなど、普段生活されている中で感じた事をお聞きする機会がありました。

議員という立場上、様々なイベントに顔を出すことは多いのですが、式典のみの参加が多く、主催者側だけでなく一般参加者の方のご意見を直接お聞きする機会は意外に少ないように感じています。

その環境に身を投じなければ見えてこないものはたくさんあります。

今後も、それぞれの方々がおかれている環境を認識し、生の声をじっくりお伺いできる機会を増やしていきたいと思っております。

浦戸を世代を越えた学びの場に!

昨日は、私のところに来てくれていたインターンシップの学生さんたちの成果発表会でした。


2月からの2ヶ月間、不登校について現場視察も交えながら一緒に勉強しました。
発表会では、不登校問題の解決方法として、浦戸の環境を活用した子どもたちの居場所づくりを提案。

また、企業研修や大学生の実習のプログラムと組み合わせることによって、子どもたちの活動や将来へのイメージの幅を拡げる工夫もされています。

彼らの感覚から導き出された結論や解決方法は、浦戸の活用方法の一つとしてぜひ取り組みたいと思わせてくれるものでした。

みなさん、2ヶ月間お疲れ様でした!

そして、阿部眞喜議員、事務所スペース貸してくれてありがとうございます!

浦戸中学校卒業式

おはようございます。

卒業式連敗中のつちみです。

今回も涙なしにはいられない卒業式でした。

 

本日は、塩竈市内の中学校の卒業式でした。

卒業生のみなさま、保護者のみなさま、子どもたちを支えてこられたみなさま、本当におめでとうございます!

 

私は、浦戸中学校の卒業式に参加させていただきました。

浦戸中学校からは今年は5名の生徒が卒業しました。

例年の事ですが、卒業生のみなさんは入場の際の行進から椅子に座っている姿勢、歌、その他諸々の所作まで本当に素晴らしく、傍から見ていただけの私ですら、その成長ぶりに目頭が熱くなりました。

校長先生の式辞も、一人ひとりに気を配り、校長先生自身が一人の人間として子どもたち全員と正面から向き合ってきた事がにじみ出る内容で、とても暖かく素晴らしいものでした。

 

浦戸小中学校は現在児童生徒数36名の小規模学校です。

浦戸諸島から通っている児童生徒は2名。残りの34名は塩竈市をはじめ近隣市町から船に乗って通学しており、離島という環境を活かして、保護者・教職員・地域が一体となった学校教育に取り組んでいます。また、小規模校のため、児童生徒一人ひとりに対してしっかり目が行き届いた教育がなされています。

・・・と文章で書くと、月並みな表現になってしまいますが、教職員が熱心なことはもちろんのこと、児童生徒に話を聞けば「浦戸は超いいよ!おいでよ!」と目を輝かせて答え、保護者のみなさんは積極的にPTA活動に参加し、島民の方々は”おらほの島の子どもたち”として島外から来る子どもたちを受け入れ、学校の行事にも積極的に参加する。

児童生徒・保護者・教職員・島民みんなが浦戸小中学校を誇りに思っている。

それが、浦戸の学校教育がうまくいっていることの現れだと思います。

(もちろん、離島や小規模校としてのデメリットも認識はしなければなりませんが)

来年度は、入学希望者の増加により、42名でスタートの予定だそうです。

きめ細やかなサポートや環境を活かした教育はそのままに、徐々に児童生徒の受け入れを増やし、他の学校の参考になるような形を創り上げていってほしいと思います。

 

話は逸れてしまいましたが、

改めまして、ご卒業おめでとうございます!

塩竈の子どもたちよ!世界へ羽ばたけ!

みなさんの益々のご活躍をお祈りするとともに、素晴らしい知らせをとても楽しみにしています。

高齢者まつり!

第十回塩釜社協「高齢者まつり!」にお招きいただきました。

9月に入り、少し肌寒い日が続きますが、体育館の中はすごい熱気!

太鼓や神楽の舞台に加え、各種体験コーナーやうどん・そばの無料提供などがあり、お昼前で既に1000名を越えるみなさんが楽しい時間をすごされていました。

運営側の社会福祉協議会や高齢者福祉奉仕団などのみなさまもご年配の方が多いのにも関わらず、とてもアクティブに活動されていました。

昨日、総務省から発表された人口推計によると、女性の総人口に占める65歳以上の方の割合は3割を越えたそうです(男性は24.3%)。

http://www.stat.go.jp/data/topics/topi970.htm
医療費や介護施設の問題など、高齢の方々に対するサービスについての少しネガティブな話題がつきまとう数字ですが、逆にこの高齢の方々のパワーをどう社会に活かしていくかを考えたくなる「高齢者まつり!」でした(^^)

災害時相互応援協定が締結されました!

本日、塩竈市は岐阜県各務原(かかみがはら)市と災害時相互応援協定を締結しました。

wp-1462795346140.jpeg

協定には、食料や飲料水および生活必需物資や、応急復旧などに必要な機材物資の提供、職員の派遣、ボランティアの斡旋などが掲げられています。

同様の協定は、山形県村山市、愛知県碧南(へきなん)市、長野県須坂市、兵庫県養父(やぶ)市に引き続き5件目。すぐお隣の村山市から中国地方の養父市まで様々な地域と協定を結んでいるのは、広範囲な災害が多く発生している昨今、頼もしいことです。

あとは、広域災害が起きた際にすぐに被災地の外の周辺地域との連携が取れるような準備ですね。特に、災害直後に必要な物資の供給のために近隣の都道府県との連携を。

 

各務原市は震災後の5年間で15名、そして今期さらに1名を加え16名の応援スタッフを塩竈市に派遣してくださっているそうです。

そうした御縁もあっての今回の協定。せっかくのご縁ですので、今後は災害時だけでなく観光や文化の面でも交流を深めて行きたいですね!

スクリーンショット 2016-05-09 21.25.06

そんなことを考えながら各務原市のHPを見てみると、まず目を引くのがトップに大きく出てくる各種イベントのPR、そして塩竈市との協定のニュース(は、早い!)。

塩竈市もぜひ見に行きたくなるようなHPにしましょう。何だかんだ言ったって、WEB上での一番の広告媒体ですからね。

避難デッキ完成。ソフト面の強化を。

港町一町目・海岸通地区津波避難デッキ完成!
多くのご来賓の方々にお越しいただき、開通式が行われました。

この津波避難デッキは、地域の住民の方々や、塩竈の地理に不慣れな観光客の方々の、津波発生時の一時避難場所として使われます。

o0800045013627479678

多くのご来賓の方々に見守られ開通。

 

o0800045013627479822外観は塩竈石に併せた色に。
o0800045013627479924デッキからの景色もなかなかのものです。
o0800080013627480202
o0800080013627480386

イオンタウン塩釜の二階(エレベーターの横)に接続します。

 

o0540096013627480569

もちろん外からも入れます。

マリンゲート側、イオンタウン側共にエレベーターが近くにあるので、車椅子をご利用の方でも簡単に上ることができます。

平常時には、イオンタウン塩釜とマリンゲート塩釜を繋ぐ通路としても利用可能。
不便だったこの施設間の移動がかなり楽になりそうです。

今年度末には、マリンゲート塩釜駐車場に備蓄倉庫と避難スペースを兼ね備えた防災施設もでき、災害公営住宅も含め、ハード面での整備は大分進んできました。

次はソフト面の整備ですね!