こんばんは!

土見です。

塩竈ではインフルエンザが猛威を奮っていますが、みなさんはお元気ですか?

塩竈市議会は、21日から始まる2月定例会に向けての準備で慌ただしくなっております。

2月定例会の目玉は施政方針

2月定例会の目玉は、何と言っても市長の施政方針に対する質問。

市長が今後一年市政をどの様に舵取りしていくかを話し、それに対して議員たちが問い質(ただ)します。

私は、今後指導方法がどんどん変化していくと考えられる学校教育と、市民主体の市政を目指すための協働のまちづくり、そしてそれらを実現する職員に必要な研修について質問させていただきますより。

質問の仕方が少し変わります

議会運営のルールには、基本的なことを定める”基本条例”と、そこには記載されていない細かい部分を議員さんたちの協議で決める”申し合わせ事項”があります。

塩竈市議会の一般質問は、これまで議員の質問と市役所からの返答併せて1時間以内と定められており、半分以上の時間を市役所からの返答に使われていましたが、2月定例会から議員の質問時間と市役所からの返答の時間が切り分けられ、議員は30分間をキッチリと質問に使えるようになりました。

これで、質問が組み立てやすくなります!

定例会初日は21日13時から

平日ではありますが、お時間のある方はぜひ傍聴に来てくださいね!

またケーブルテレビマリネットやインターネットでも配信しています。

#塩竈 #塩釜 #shiogama
#市議会
#一般質問

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア