子どもたちに負けてはいられないなぁ!
本日は第12回塩竈こどもゆめ議会が開催されました。

10回もの議論を重ねてきた子どもたちの提案は、どれも具体的でわかりやすく、何より子どもたち自身がその提案の中でどう関わっていくかが明確にされていたところに感心しました。

時には市長も答弁に困るほどの内容もあり、子どもたちの視点に感心させられました。
提案として出された、子どもたちが創る塩竈の四季折々ツアーや、B級グルメの展開を利用した地場産品の普及活動、空き家を利用した地域物産販売所やリユース促進など、すぐに事業として試してみたいものもたくさんありました。
子どもゆめ議会、この取り組みをもっと発展させられないものかと思案中。

ワクワクの三時間でした(^^)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア