各常任委員会での審議を終え(一部残っていますが)、本日からは決算特別委員会です!

平成27年度の事業を振り返り、次の計画の参考とします。

決算特別委員会は、全議員をもって構成されます。

本日は、正副委員長決定や資料請求などのみ

本日(16日)の内容は、正副委員長の選任や日程の決定、追加資料の要求などのみです。

正副委員長には、それぞれ西村勝男議員、山本進議員が選出されました。

 

日程は、本日16日と20日(一般会計)、21日(一般会計)、23日(特別・企業会計)の4日間。

 

資料要求は、各会派から合計52件が出されました。内容としては、各データの数年分の推移や、説明書に載ってこない細かなデータなど。

この追加資料、毎年最新年度のデータが上乗せされて出されてくるようなのですが、結構なボリュームになります。それだけ印刷代やとじ込みの手間もかかります(持ち歩く私たちも疲れます)。

それこそ、決算委員会資料データベースの様なものを作って、委員さんたちはタブレットPCからそこにアクセス出来るようにすればいいのではないでしょうか。訂正があった場合も資料を刷り直し配布し直す手間もなく一瞬で修正ができます。

昨今、パソコンやタブレットを配布したり、持ち込みを許可している自治体の前例もだいぶ出てきました。使い方の修得や情報管理など課題はいくつかありますが、そろそろ電子機器の導入を検討していきたいですね。

本格的な審議は20日から

さて、週明け20日から本格的な審議が始まります。

各委員(委員会なので、議員さんたちは”委員”と呼ばれる)は一般会計40分、特別・企業会計30分の時間が与えられ、その中で自身の気になった事業や決算書の内容について市当局に対して質問を行います。

私は、保育園支援事業家庭児童相談事業予防検診関連事業100円バス職員研修の5点について質問しようと考えています(また時間が足りなくなりそうだ・・・)。

 

短いですが本日のご報告はこれまで!

その他、気になる議案がありましたら、遠慮なくご連絡ください!

 

それでは!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア