定例会に上程(議案を会議にかけること)された議案は、その分野毎に3つの常任委員会に付託(任せること)され、それぞれの常任委員会内で審議されます。

 

9月定例会2日目は総務教育常任委員会でした。

総務教育常任委員会では、市の総合計画、財政、市税、教育などに関することについて、調査や審査を行います。

メンバーは、志子田吉晃(委員長)、鎌田礼二(副委員長)、小野幸男、香取嗣雄、伊藤博章、伊勢由典の6名です(敬称略)。

付託議案

今回、総務教育常任委員会に付託された議案は、工事請負契約の一部変更と工事締結、工事完了に伴う財産の取得、富谷町が富谷市に変更になることによる規約の変更などが主でした。

  • 議案第63号 平成28年度塩竈市一般会計補正予算(弁護士委託料、小中図書整備事業、美術館運営事業など)
  • 議案第69号 工事請負契約の一部変更について(中央第2ポンプ場の電気設備一部変更)
  • 議案第70号 工事請負契約の一部変更について(中央第2ポンプ場の機械設備一部変更)
  • 議案第71号 工事請負契約の一部変更について(中の島の中央放流渠築造工事一部変更)
  • 議案第72号 財産の取得について(市営住宅の取得)
  • 議案第73号 塩竈市集会所の指定管理者の指定の変更について(港町集会所の指定管理解除)
  • 議案第74号 仙台都市圏広域行政推進協議会規約の変更について(富谷町から富谷市へ記述変更)
  • 議案第75号 宮城県市町村職員退職手当組合規約の変更について(富谷町から富谷市へ記述変更)
  • 議案第76号 宮城県市町村自治振興センター規約の変更について(富谷町から富谷市へ記述変更)
  • 議案第77号 工事請負契約の締結について(北浜地区下水道災害復旧工事)

美術館指定管理については、昨日述べたので控えますが、今回気になったものとして『議案第73号 塩竈市集会所の指定管理者の指定の変更について』があります。

施設の老朽化と利用者の減少、でも使いたい人もいるのでは?

各地区の集会所は、地域の自治組織が独自に建てたものもありますが、市が建設し地域自治組織へ管理・運営を任せているものも多くあります。今回、指定管理が解除となった港町集会所もその一つで、老朽化と、利用頻度の低下が原因のようです。今後、少子高齢化が進むにつれて同様に管理できなくなる集会所はどんどん出てくると考えられます。

一方、市民団体がミーティング等を行う際に、集まる場所探しに苦労する現状もあります。市としては、指定管理解除になった古い施設をリフォームして使えるようにしたり、現存する地区の集会所と協力して、協働推進室などを窓口に市民活動に低料金な”活動の場“を提供していただくことは出来ないでしょうか。

 

(※その他、気になる議案がありましたら、遠慮なくご連絡ください☆)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア