ガールスカウトの研修に参加させていただいた後は、急ぎ新幹線に飛び乗って神奈川県の湯河原へ。

東京大学のリーディング大学院プログラム「活力ある超高齢社会を共創するグローバル・リーダー養成プログラム」(GLAFS)の夏合宿に講演者として参加させていただきました。(GLAFS HP: http://www.glafs.u-tokyo.ac.jp

博士(医工学)を取得しながら市議として活動している稀有な経歴をかわれてのお声がけでした。(三浦先生、ありがとうございます!)

講演のテーマは『研究の方法論を活かした地域貢献活動』。

体験談をベースにお話ししたため地域貢献活動が題目に乗りましたがなりましたが、それに関わらず、博士が活躍できる進路は研究職以外にも沢山あるよ!という内容のお話をしてきました。
もちろん、議員にも高い専門性は必要だと感じています。

塩竈の議員は18名。

それぞれが専門分野を持ったうえで協力して議案にあたれたらとても充実した議論になると思います!

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア