本日、塩竈市は岐阜県各務原(かかみがはら)市と災害時相互応援協定を締結しました。

wp-1462795346140.jpeg

協定には、食料や飲料水および生活必需物資や、応急復旧などに必要な機材物資の提供、職員の派遣、ボランティアの斡旋などが掲げられています。

同様の協定は、山形県村山市、愛知県碧南(へきなん)市、長野県須坂市、兵庫県養父(やぶ)市に引き続き5件目。すぐお隣の村山市から中国地方の養父市まで様々な地域と協定を結んでいるのは、広範囲な災害が多く発生している昨今、頼もしいことです。

あとは、広域災害が起きた際にすぐに被災地の外の周辺地域との連携が取れるような準備ですね。特に、災害直後に必要な物資の供給のために近隣の都道府県との連携を。

 

各務原市は震災後の5年間で15名、そして今期さらに1名を加え16名の応援スタッフを塩竈市に派遣してくださっているそうです。

そうした御縁もあっての今回の協定。せっかくのご縁ですので、今後は災害時だけでなく観光や文化の面でも交流を深めて行きたいですね!

スクリーンショット 2016-05-09 21.25.06

そんなことを考えながら各務原市のHPを見てみると、まず目を引くのがトップに大きく出てくる各種イベントのPR、そして塩竈市との協定のニュース(は、早い!)。

塩竈市もぜひ見に行きたくなるようなHPにしましょう。何だかんだ言ったって、WEB上での一番の広告媒体ですからね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア