塩竈市議会2月定例会は本日よりスタート!

これから3月8日までの15日間、市長の施政方針や予算案に対する審議が続きます。

今回の定例会のポイントは何といっても市長の施政方針と、それに対する議員の質疑

市長がどんなビジョンを持ってこの一年間活動していくのかを確認し、議員が市民の立場から市長の施政方針に対して意見を述べます。

さて、どのような施政方針演説になるでしょうか。

 

2月定例会の日程は以下のとおりです。

2/23 市長の施政方針演説。議案の呈示、総括質疑など。

2/25 施政方針に対する質問(鎌田議員、小高議員、菅原議員、山本議員)

2/26 施政方針に対する質問(阿部(眞)議員、土見、志賀議員、伊勢議員)

2/29 H28年度予算特別委員会

3/01 H28年度予算特別委員会

3/02 H28年度予算特別委員会

3/03 H28年度予算特別委員会

3/04 民生&産業常任委員会

3/08 委員長報告

※土見は赤文字のところで発言機会を頂いております。

ざっくりと説明すると、

23日に市長の施政方針演説と方針に基づいた議案が示され、それに対して、議員たちから総括質問(議案に対する大まかな質問)がなされます。

続いて、25、26日両日で市長の施政方針に対する質疑が行われます。議員一人あたりの持ち時間は1時間です。

29〜3日までの4日間では、次年度の予算関係の議案を審議します。審議は、全議員をもって構成される予算特別委員会にて行われます。

その後、各常任委員会にて担当する議案の審議を行い、8日に再度議場に集まって審議の報告と議決を行います。

 

※「議会」というと、議員たちが全議案を議場で審議しているイメージをお持ちの方多いと思いますが、議案について詳しく検討を加えるために、所管の常任委員会(各分野の専門チーム)または特別委員会にて審査をおこなう委員会付託というものがあります。塩竈市議会には、総務教育、民生、産業建設の3つの常任委員会があり、それぞれ6名ずつの議員が所属しています。(ちなみに、私は民生常任委員会所属です)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア