民生常任委員会視察一日目。
東京都足立区に就労支援の先進事例視察に行ってきました。

足立区は都内でも早くから就労支援に力を入れてきた自治体で、ハローワークと協力した就職支援はもちろんのこと、サポートステーションでの就職サポートセミナーも充実しています。
また、様々な事情から働きに出られない方やあえて内職を希望される方向けの内職サポートも実施しています。

image

サポートの内容も様々あり、キャリアカウンセリングや、面接指導はもちろんのこと、応募書類の書き方、コミュニケーションの取り方、各種業界の方をお招きした座談会、マンスリー就職面接会、就職後のアフターフォローと、仕事探しから、働き始めた後のフォローまで篤いサポートとなっています。

image

足立区は千住地区を中心に大学が増えてきており、学生が増えている地域でもあります。
(うらやましい…)

特に興味深かったのは、そういった若者や子育てママさんにターゲットを絞ったハローワークの存在や、就職支援の前段階として地域清掃活動や地域のイベントへの参加を企画しているところ。

image

また、ひきこもりセーフティーネットや、高校生・高校教員向けのキャリア教育セミナーや企業説明会、早期離職防止事業など、若年層の就職安定に力を入れている点。

財源は、国や東京都からのお金を中心に賄っているとのこと。

塩竈でも、足立区での事例を参考に、人手不足が叫ばれている水産・水産加工業を中心に、十分な人手が確保できるよう、働き手としては塩竈で安心して働くことができるよう、取り組みを考えていきます。
(働き方や、仕事環境の改善も必要ですね。)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア